サイエンスな日々

ネットに日々流れる科学系ニュースをネタにあれやこれや言ってみよう。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とおーくの銀河を見てみましたよ。
<すばる望遠鏡>最も遠い銀河を発見 国立天文台の教授ら

宇宙の年齢は約136億6000万年といわれていますが、その誕生からたった(?)7億8000万年後に生まれた銀河が発見されました。
国立天文台の家正則教授らは、米ハワイ島のすばる望遠鏡で、観測史上最も遠い銀河を発見しました。地球からの距離は約128億8000万光年(1光年は約9兆4600億キロ)。従来の観測に比べて約6000万光年遠く、ごく初期の宇宙の状態を知る上で、重要な手がかりになるとのこと。
観測は特殊なフィルターを用いて特定波長の光をより分けて行われました。フィルター開発に2年かかったとのこと。

古すぎて遠すぎて実感するのは難しいですが、宇宙が若かったころの姿を今見ることができるというのはやはり不思議な感じがします。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sciencenews.blog55.fc2.com/tb.php/25-b6a84686
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。