サイエンスな日々

ネットに日々流れる科学系ニュースをネタにあれやこれや言ってみよう。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お肌の黒ずみに関係する酵素が発見されました。
美白薬へつながる可能性もある発見です。

<メラニン>輸送妨げる酵素発見 美白肌、白髪防止に朗報か


ずいぶん前に広島大でメラニンを作る酵素「チロシナーゼ」の構造がわかったというニュースもありましたがまた違うアプローチからの研究です。
皮膚や髪を作る細胞にメラニン色素が輸送されるのを妨げる酵素(Rab27A-GAPという酵素です。)を、理化学研究所と東北大の共同研究グループが見つけました。メラニン色素は紫外線で遺伝子が傷つくのを防ぎますが、しみやそばかすの原因にもなります。輸送を妨害して肌の美白を保ったり、促進して白髪を減らす方法の開発に役立ちそうです。米国の生化学専門誌(電子版)に、論文が掲載される予定。

逆にメラニン輸送を促進する酵素が発見されると白髪の治療に役立つ可能性があるということですね。
要はメラニンが皮膚に現れるかどうかに関わる鍵が見つかったということ。このプロセスを抑制したり促進したりする薬物が発見されれば美白や白髪の治療に関していい結果が出ると思われます。
楽しみですね。美白化粧品に大きな進歩があるかもしれません。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sciencenews.blog55.fc2.com/tb.php/24-388e1ede
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
●シミができるしくみについて 紫外線があたると、皮膚は「メラニン色素」をつくって自らを防御作用が働きます。 このメラニン色素は少しずつ肌の表面へと浮上して、通常は皮膚の新陳代謝によって剥がれ落ちるのですが、それがうまくいかないと肌の表面に滞在します。そ
2006/09/15(金) 17:58:42 | 美肌のためのスキンケアノート
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。