サイエンスな日々

ネットに日々流れる科学系ニュースをネタにあれやこれや言ってみよう。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「科学的」にやせる方法もいろいろあるものですね。


banner_04.gif
Blogランキングに登録しています!応援クリックお願いします!!
米研究所:やせるワクチンも現実に?…大阪市立大チームと

この研究は日本の国立循環器病センター研究所で発見、構造決定されたグレリン(Ghrelin)という物質に関するもの。
この物質は成長ホルモンを分泌促進するという生理機能があることがわかっていたが、さらに中枢性に強力な摂食を促進するという機能もあることがわかっていた。そこでこの研究で「大食い促進物質」であるグレリンの機能を免疫反応を使って阻害してやったらどうなったか。
期待通りグレリンに対する抗体を持ったマウスはえさの量は持たないマウスと同じなのに体重増加は1/3以下に抑えられた。

人間でもグレリンに対するワクチンができれば同じ効果が出るはず。ダイエットなどをすると身体はこのグレリンを作り出し、体重減少を抑えようとします。このようなつらいときにグレリンワクチンが効果があるのではと期待されています。

グレリンに関する詳しいページはこちら
国立循環器センターのグレリンのページ

でも実用化しても美容外科と同じで自己責任の上、自費になるのでしょうな。今後の研究に期待。


ちなみに肥満に関する体内物質としてはレプチンというのも知られており、これはグレリンとは逆に摂食抑制の効果があるらしいです。
レプチンについてはこの辺ですかね。
関連記事


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sciencenews.blog55.fc2.com/tb.php/1-7f544185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。