サイエンスな日々

ネットに日々流れる科学系ニュースをネタにあれやこれや言ってみよう。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
温泉は身体にいいってやっとわかったみたいですよ。
高血圧・胃潰瘍・リウマチ…温泉の効果、科学的に立証

あくまで実験の中だけということみたいなんですが、温泉の効果の一部が科学的に証明されました。
酸性の温泉水が高血圧や胃潰瘍(かいよう)、関節リウマチなどに効くメカニズムを、名古屋市立大医学研究科の岡嶋研二教授、原田直明助手らがマウスによる実験で突き止めたようです。

酸性の温泉にマウスをつけると神経末端からのCGRPというタンパクを介してインスリン様成長因子(IGF)―1というタンパクを増やします。このIGF-1には炎症抑制、傷の治癒促進などの効果があるためこのような症状に温泉が効くという理屈。

アルカリ性では?酸性の温泉でないとだめなのか、マウスではこんな結果でしたが人間では?など、この研究発表も詳細をみてみたい感じです。
でも実際のところ温泉入ってリラックスしたりあったまったりしない人もそんなにいないと思うので、まあいいじゃないかという気もします。

こんなページもありました:ツムラ温泉科学プロジェクト

関連記事


コメント
この記事へのコメント
すごいですね!
ども。澤田です

すごい研究ですね!!
温泉のどんな成分が 特にいいのでしょう? 気になりますね。
私のBLOGでも 紹介したいと思います♪
2006/09/07(木) 14:20:39 | URL | 澤田 #Q83FiddE[ 編集]
澤田さん
毎度いらっしゃいませ(^_^)

温泉の成分なのか温泉そのものなのかわかりませんが、温泉好きとしてはこれからの研究結果も楽しみではあります。
温泉行きたいですねー
2006/09/08(金) 00:30:00 | URL | 科学屋さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sciencenews.blog55.fc2.com/tb.php/22-f59168f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
酸性の温泉水が高血圧や胃潰瘍(かいよう)、関節リウマチなどに効く科学的メカニズムが、このたび解明されたとのこと。なんでも「温泉水の熱と酸性刺激が脳に伝わって副交感神経を刺激、体内のIGF―1というタンパク質が増えて自己治癒力を高める」のだそうだ。
2006/09/07(木) 02:22:51 | ただいまに生きる
メタボリックシンドローム予防改善に運動のススメ肥満と高血圧、高血糖、高脂血症の4項目の組み合わせは、心臓病や脳卒中と・・・・
2006/12/23(土) 11:30:21 | アンチエイジング情報☆アンチエイジングで人生100倍のススメ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。