サイエンスな日々

ネットに日々流れる科学系ニュースをネタにあれやこれや言ってみよう。
管理者ページ 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冥王星が惑星ではなくなり太陽系は8惑星になりました。
太陽系第9惑星が消滅――「冥王星は惑星ではない」ことに決定

太陽系惑星 冥王星を除外 賛成多数で最終案採択 IAU

ひとつ前の記事でふれた冥王星の行方。
チェコのプラハで総会を開いている国際天文学連合(IAU)が最終日の24日、全体会議で惑星の定義案を議決、1930年の発見以来76年間、第9惑星の座にあった冥王星を惑星から降格する最終案を賛成多数で可決しました。
そして12惑星案などで候補に挙がっていた小惑星「セレス」や冥王星より大きいとされている「2003UB313」は冥王星とともに「Dwarf Planet」という新たな分類に収められることとなりました。
これを受けて日本学術会議はこの新たな分類名に和名をつけるために学術会議内に日本惑星科学会などの専門家らで作る委員会を作り、半年以内に結論を出すようです。
冥王星など入れる新分類、「矮小惑星」?…和名検討へ

というわけで惑星の分類問題は8惑星に落ち着いたようです。
サイエンスな日々では科学系サイトと銘打っておきながら(管理人の趣味もあり)、占星術的にどうなっていくのか?ということに注目していました。
有名な占星術家の鏡リュウジ氏のブログでもこの惑星が増えるかどうかの問題は取り上げられていて、占星術の解釈自体が科学の発展についていく必要がある、また小惑星や惑星そのものの扱いもさまざまな流派ややり方がありそれは占星術を扱う人の業(わざ)でありアートであると述べています。私もそう思います。なので実際の占星術の方法が今回の冥王星降格ということをどのように取り込んでいくかというのは、正直わかりません。占星術を扱う人によって解釈の体系は全く同じではないからです。

それでも個人的な考えとしては、人類の意識の中に冥王星というものがまだ残っているうちは今までどおりの解釈をとっていいと思います。しかし「死と再生」、「極限」などの占星術的意味をもつ冥王星が他の小天体と同じよう重みしか持たなくなるということは、そういった限界を超えるようなものの意味を担うものがこれから何に象徴されていくのか興味深いところです。また、そういった限界を現す冥王星を格下げすることで人類の意識は何かを越え、前に進もうとしているのかもしれませんね。

banner_04.gif
Blogランキングに登録しています!応援クリックお願いします!!
関連記事


コメント
この記事へのコメント
決まったようですね。
増える案から一転して減ったんですね。
まだまだナゾの多い宇宙のことですから、これからも変わるかもしれない。
なんて思うのは私だけでしょうか?
2006/08/26(土) 12:06:04 | URL | DEWDROP #GH5nEHFU[ 編集]
DEWDROPさん
コメントありがとうございました。

たしかに今回の決定も定義が変わっただけで冥王星は相変わらず静かに軌道上を回っているわけですし。
宇宙の大きさに比べたら人間の意識で把握できるものなどたかが知れているのかも知れません。

またいらしてくださいね。
2006/08/26(土) 13:15:26 | URL | 科学屋さん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://sciencenews.blog55.fc2.com/tb.php/17-16db0172
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
以前、太陽系の惑星を増やそうという議論が行われていることをブログに書いた。ところが事態は急転直下、増えるどころか冥王星を惑星から矮惑星(わいわくせい:dwarf planet)へと格下げする最終案が通過し、太陽系の惑星は従来の9から8へと減ることとなった。
2006/08/26(土) 02:00:24 | ただいまに生きる
チェコのプラハで開催された国際天文学連合総会で、惑星の定義について議論された結果太陽系惑星は「水金地火木土天海」の8つになったらしい。すごーっく簡単に言うと、太陽系の惑星とは恒星(太陽)の周りを回っていて、けっこうな大きさがある球体で衛星でも...
2006/08/26(土) 12:07:00 | ただ、なんとなく・・・ね。
管理人の承認後に表示されます
2006/09/07(木) 20:53:16 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。